JANI 




1949年に陶芸家Nils Larsson ニールス・ラーソン が妻のデザイナーJaneWålstedt ジェーン・ウォールステッドと共に開いたのが二人の名前から取った「Jani」 Keramik窯です。 Nilsは窯入れと釉薬を担当し、妻Janeは装飾デザインを担当。独特の色使い筆使いは、絵画を思わせる雰囲気、そして陶器の丸みのあるフォルムはあたたかな温もりを感じさせ彼らの作品はたくさんの人々に愛された。この作品もその一つです。1970年にJani Keramikは閉鎖されました。

表示方法: 写真のみ一覧説明付き一覧

5